とうもろこしが太る理由は?ダイエットには不向き!?

とうもろこしを食べると太るってよく言われるけど、ホント?

と気になっている方

この記事では

・とうもろこしは太るのか?カロリーや糖質量について
・とうもろこしを主食にすると太る理由
・とうもろこしの太らない適切な量

についてお話していきます。

とうもろこしはダイエットに効果的な食材なのか、という疑問も合わせて解説していきますので、これからは糖質制限を気にせずに、とうもろこしを食べることができますよ。

とうもろこしは太るのか?カロリーや糖質量は?

https://www.instagram.com/p/CGZUDfQBUos/?utm_source=ig_web_copy_link:embed

黄色くてふっくらツヤツヤの粒が揃った、甘くて美味しいとうもろこし。
糖質制限をしている時なら尚のこと、とうもろこしを食べることに抵抗が出てきますよね。

実際のところ、とうもろこしは太る食材なのでしょうか。

とうもろこしのカロリーや糖質量は?

とうもろこし100gあたりのカロリーは約94kcal、糖質量は約13.8gと低カロリー&低糖質。
とうもろこしは炭水化物に含まれます。

お米や小麦のように、炭水化物は食べ過ぎると太るというイメージが大きいです。

しかし、お米100gあたりのカロリーは168kcal、糖質量は約37gで、小麦100gあたりのカロリーは370kcal、糖質量は73,4gとなっています。

カロリー(100gあたり) 糖質量(100gあたり
とうもろこし 94kcal 13.8g
お米 168kal 37g
小麦 370kcal 73.4g

圧倒的にトウモロコシの方が太りづらい事が分かると思います。

しかも、とうもろこしの糖質は多糖類に分類されていて、消化や吸収をゆるやかにしてくれます。そのため、血糖値を急激に上昇させません。

結局とうもろこしは太りやすい?痩せやすい?

とうもろこしを効果的に食事に摂り入れれば、ダイエット効果が期待できます。

お菓子に使われる砂糖は二糖類でのため、体内に素早く吸収されるのでダイエットには向いていません。

普段、お菓子をよく食べる方は、お菓子をとうもろこしに置き換えることでダイエットを期待することができます。

とうもろこしを主食にすると太る?理由は?

https://www.instagram.com/p/CGXDWpeDSvT/?utm_source=ig_web_copy_link:embed

カロリーや糖質量はお米より圧倒的に低いですが、当然いつもの食事に+して食べれば太ります

なので、置き換えでとうもろこしを使うとダイエットの助けになります

とうもろこしを食事に摂り入れる際の注意点は?

通常の食事の一部をとうもろこしに置き換える。
とうもろこしに比べると、ごはんやパンは糖質が高いため、それと置き換えることでカロリーや糖質量を控えることができます。

とうもろこしをいつもの食事に追加して食べると、もちろん太ってしまう可能性が高くなりますよ。

トマトや納豆ダイエットととうもろこしダイエットとの効果の違いは?

トマト、納豆やとうもろこしは優秀な食材だが、栄養のバランスが取れていないとその効果は発揮できない。
栄養のバランスを考えて食材を取り入れることで、以下のようなダイエット効果を期待することができます。

トマト
トマトは低カロリーなだけでなく、脂肪の吸収を妨げる酵素が含まれているため、ダイエットに最適です。

納豆
納豆は栄養豊富な上、ダイエットや美肌効果が期待できます。 納豆に含まれるナットウキナーゼは血流を改善し、美肌につながります。さらに納豆菌や食物繊維は腸内環境を整える助けなります。

とうもろこし
とうもろこしは不溶性食物繊維が豊富で、1本で約7.8gを摂取することができます。

同量のごはんに含まれる食物繊維が0.5g程度のため、ダイエットにはかなり効果的です。

とうもろこしの適切な量は?太らない量は?

https://www.instagram.com/p/CGbfz4og64V/?utm_source=ig_web_copy_link:embed

とうもろこしはダイエットに向いていると言っても、食べ過ぎには禁物です。

それは、とうもろこしに限らず、どんな食材でも同じようなことが言えます。

・とうもろこしのカロリーは100gあたり約100g。

とうもろこしのカロリーは100gあたり約100gと頭に入れておくといいでしょう。
食事を作る際にきちんと重さを計って、カロリーの計算をしながら食事に摂り入れることができますね。

そうすれば、食べ過ぎて太ってしまった…と言うことを防ぐことができます。

まとめ

とうもろこしは太るのか?カロリーや糖質量について、とうもろこしを主食にすると太る理由やとうもろこしの太らない適切な量について解説していきました。

・とうもろこしは、お米や小麦に比べると低カロリー&低糖質の太りにくい食材。
・とうもろこしを主食にしても、ごはんと置き換えることでカロリーを控えることができる。
・とうもろこしの太らない適切な量は、100gあたりを約100kcalと考えて摂取する。

世界で主食として多く食べられている穀物は、お米・小麦・とうもろこしです。
とうもろこしは炭水化物に分類されるため、ダイエットには不向きと思われていましたが、お米や小麦と比べると、こんなにも低カロリー&低糖質だとは知りませんでした。

とうもろこしは「主食=食べ過ぎると太る」と言うイメージが先行しているので、実際は低カロリー&低糖質の食材と覚えておくといいですね。