はちみつで瞳の色を変える方法は?ローフードダイエットが効果あるってホント?

はちみつで瞳の色を変えることができるの?

と気になっている方

この記事では

・はちみつが瞳の色を変えるってホント?
・はちみつで目の色を変える方法は?
・ローフードダイエットで目の色を変える事が出来る?

についてお話していきます。

瞳の色を変える事が出来るはちみつ以外の食材もご紹介しますので、外人のような綺麗な瞳を手に入れる事が出来るかもしれませんよ。

はちみつが瞳の色を変えるってホント?

はちみつを摂取すると瞳の色を変えることが出来ると言われているようです。

本当に瞳の色が変わるのでしょうか。人によって目の色が違う理由も交えながら、その真意に迫ります。

なぜ人によって目の色が違うの?

遺伝子とメラニンの量で目の色が異なる。

理由その1:遺伝子の違い

目の色に関連する遺伝子あり、23対ある人の染色体の中にある、主に15番染色体のEYCL3と19番染色体のEYCL1の2つがそれにあたります。

15番染色体のEYCL3は優性が茶色で劣性が青色、19番染色体のEYCL1は優性が緑色、劣性が青色です。
簡単に言うと、茶・緑・青を構成する遺伝子の組み合わせによって目の色は決まっています。

理由その2:メラミンの量の違い

メラニンとは太陽の光に含まれる有害な紫外線を吸収し、体を守ってくれる色素のことです。

虹彩(こうさい)だけではなく、肌や髪にも含まれている色素です。
このメラニンの量が多ければ暗い色となり、少なければ明るい色となります。

つまり、虹彩に含まれるメラニンの量によって目の色が違ってくるのです。

日本は通年を通して紫外線の量が多いため、日本人の目の色も黒くなります。なので、日本人の目の色は茶色が多いんですね。

はちみつを摂取すると瞳の色は変わる?

はちみつを長期に摂取すれば変わるかもしれない。

理由その1:健康状態によって瞳の色が変わるため。

はちみつを日頃から取り入れることで健康的で強い体にもなりますし、火傷の回復を促進する効果もあります。

理由その2:毒素排出を促すため。

心身のバランスを取り戻す効果が高いので、自然と目の色が薄い色に変化するようです。

これら2つの理由は、虹彩学の権威であり、デトックス(毒素や老廃物の排出)分野の専門家、かつ“メガ・ヒーラー”との異名をとるロバート・モース博士も認めています。

はちみつで目の色を変える方法は?どれぐらい摂取すればよい?

https://www.instagram.com/p/CFjg3AOgSQc/?utm_source=ig_web_copy_link:embed

それでは、はちみつで目の色を変える方法を具体的にご紹介します。

はちみつの摂取量や期間、種類をベースに説明していきます

1日どれくらいのはちみつを摂取すればいい?

大さじ1~2杯程度。
はちみつは糖質なので摂取しすぎると糖質過多になって太る原因になってしまいます。

どれくらい続けると効果が出る?

約2ヵ月間。
海外健康サイト「HEALTHY PANDA」に記載されていますが、日本でのデータ発表はないようです。

どんな種類のはちみつがいい?

最近人気のあるマヌカハニー。
マヌカハニーは、マヌカの花から採取されたはちみつです。強い殺菌・抗菌・抗炎症作用を持つとされて、人気が高まっています。


マヌカヘルス マヌカハニー

はちみつで目の色を変える方法は、まだ日本ではあまり浸透しておらず、その効果は未知数です。

はちみつは元々健康に良い食品なので、目の色が変わるかどうか試してみる価値はありますね。

ローフードダイエットで目の色を変える事が出来る?

https://www.instagram.com/p/CBg-FgwAkuK/?utm_source=ig_web_copy_link:embed

では、ローフードダイエットで目の色を変える事は出来るのでしょうか。

ローフードダイエットについての解説も交えながら、その真意に迫ります。

ローフードダイエットとは?

生の食材を食べて体内の酵素を増やし、基礎代謝をアップさせるダイエット方法のこと。
日本でも酵素を取り入れるダイエットが注目を集めています。

食物酵素を取り入れるだけで、代謝アップ・老廃物の排出を行うことができ、痩せやすい体質になります。

ローフードの主な食品は?

酵素を含む野菜、果物やナッツ類など。
日本には、酵素を含む食べ物がたくさんあります。

味噌、醤油、酢、漬物、納豆、麹、酵素玄米などの発酵食品、大根おろしや生姜などの薬味にも酵素は含まれています。

ローフードダイエットが目の色を変える効果は?

ダイエット効果だけではなく、目の色も変化する効果が期待される。
食生活を変えることで、少しずつ目の色を変化させることが可能だそうです。

例えば、トマトやスイカのリコピン酸には美肌効果があり、それを食べると美白はやシミの予防に効果的だと言われています。

それと同様に、ローフードが目の色を変化させる効果があるのでは、と期待されています。

まとめ

はちみつが瞳の色を変えるってホント?、はちみつで目の色を変える方法は?やローフードダイエットで目の色を変える事が出来る?について解説していきました。

・はちみつを長期に摂取すれば、瞳の色が変わるかもしれない。
・はちみつで目の色を変える方法は、毎日、マヌカハニーを大さじ1~2杯を約2ヵ月間摂取してみる。
・ローフードダイエットは、ダイエット効果だけでなく、目の色を変化させる効果も期待される。

はちみつで瞳の色を変える…とても神秘的な上、その効果はまだまだ未知数です。

はちみつは元々健康に良い食品なので、ローフードダイエットと共に、健康を手に入れながら、瞳の色の変化を観察していくのも楽しそうですね。